「細密」の読み方と意味とは?「さいみつ」と「しょうみつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「細密」の読み方と意味とは? 読み方

「細密」は絵画や工芸品などの評価でよく使われる言葉です。

具体的にどのようなものを指しどう読むのが正しい言葉なのでしょうか。

今回は、「細密」の正しい読み方と意味について解説します。

「細密」の正しい読み方は「さいみつ」と「しょうみつ」どちら

「細密」という言葉の読み方としては「さいみつ」「しょうみつ」の2つが考えられます。

「さいみつ」「しょうみつ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「細密」の正しい読み方は「さいみつ」です。

「細」「細心」【さいしん】「微細」【びさい】など「さい」と読み「密」「密輸」【みつゆ】「過密」【かみつ】など「みつ」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「さいみつ」「しょうみつ」のうち「細密」の正しい読み方は「さいみつ」です。

「細密」の意味

「細密」とは、「極めて細かい所まで隙間無く行き届いていること」を意味する言葉です。

隙間なくびっしりと文字が書かれたり狭いところまで絵が描きこまれたりしているような非常に繊細ですべてに手が抜かれていないさまを表します。

一般的には絵が細かいところまで詳しく描き込まれている様子を表す言葉として使われることが多く、絵画や工芸品の模様などが通常よりも繊細で上手に出来上がっているさまに対して用いられる表現です。

似たような言葉として「精密」「緻密」がありますが「細密」は隅々の細かい部分までしっかり作りこまれている様子を表す時に使うことが多い、細部に重点が置かれた表現です。

「細密」の言葉の使い方や使われ方

・『細密に描かれた絵画』
・『目を見張るほどの細密さである』
・『髪の毛の一本まで細密に描かれている』

まとめ

「細密」の正しい読み方は「さいみつ」「しょうみつ」と読むのは間違いです。

似たような意味を持つ言葉が多いので正しい意味と読み方を理解して使い分けてください。

タイトルとURLをコピーしました