「経済」の読み方と意味とは?「けいざい」と「けいずみ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「経済」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「経済」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「経済」の正しい読み方は「けいざい」と「けいずみ」どちら

経済の漢字を見た人の中には思わず、けいずみと読む人もいるものです。

確かに経の漢字は、経営という言葉を見れば理解出来る様に、けいという読みがあるし、後ろの済の漢字も、ずみという読みがあります。

そのためそれら2つの漢字の読みを繋げる事で、経済を、けいずみと読んでしまうのです。

所が残念な事に、経済の漢字を、けいずみと読むのは間違いで、けいざいと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

経済は、けいざいと読むべき言葉です。

ただし経の漢字はそのまま、けいと読む事が出来ますが、済の漢字は単体で、さいという読みはありますが、ざいという読みはありません。

お陰でどうして、けいさいではなく、けいざいと読むのか分からないという人もいるのです。

もっともこれは日本語の連濁、と呼ばれる少し特殊な読み方で、二つの語が結合して一つの語を形成する際に発音し易くするために、後ろの語の語頭が、清音から濁音に変化する事があります。

経済の漢字は、そんな連濁により、けいさいではなく、けいざいと読めるのです。

「経済」の意味

経済は、正しい道理や筋道といった意味を持っている経の漢字に、すくうとか助けるといった意味を所有する済の漢字を付け加える事によって誕生した言葉となっています。

以上の事から経済は、生活に必要な財貨やサービスを分配したり生産する活動や、金銭のやり繰りといった意味を示すのです。

「経済」の言葉の使い方や使われ方

・『日本経済の先行きの見通しは、あまり良くありません』
・『彼は経済的という理由だけで、軽自動車を購入したそうです』
・『この国の経済状態を上向かせるには、思い切った政策が必要となります』

まとめ

経の漢字は、けいと読む事が出来るし、済の漢字は、ずみと読む事が出来ます。

ですがその2つの読みを合体させて、経済を、けいずみと読むのは誤りです。

経済は、けいずみではなく、けいざいと読むのが正解な言葉となっています。

更にそんな経済は、人の生活に必要なサービスや財貨に関する活動、お金のやり繰りといった意味を表す際に、使われる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました