「絶頂」の読み方と意味とは?「ぜっちょう」と「ぜつちょう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「絶頂」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「絶頂」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「絶頂」の正しい読み方は「ぜっちょう」と「ぜつちょう」どちら

「絶頂」「ぜっちょう」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「絶」の音読みは「ぜつ・ぜち・せつ」、訓読みは「た(える)・た(やす)・た(つ)・はなは(だ)・わた(る))」「頂」の音読みは「ちょう・てい」、訓読みは「いただ(く)・いただ(き)」です。

「絶」「ぜっ」と読むのは促音化(そくおんか)です。

促音化とは、2つの語が組み合わさって1つの語になる時に、発音しやすくするため、前の語の語尾が「っ」に変化する文法で、「ぜつちょう」とは読みません。

正しい読み方の結論

「絶頂」の正しい読み方は「ぜっちょう」です。

「ぜつちょう」とは読みません。

「絶頂」の意味

「絶頂」の意味は「山のてっぺん」「あるものごとが最高に達している状態」です。

「絶」「連続しているものや関係が切れる」「遠く隔たる」から転じて「普通とはかけ離れて優れている」「この上なく」「非常に」という意味、「頂」「頭のてっぺん」から転じて「ものごとの最高地点」「絶頂」「ものごとの、この上ない最高地点」になります。

「絶頂」の言葉の使い方や使われ方

「絶頂」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『彼女は婚約して今幸せの絶頂にある』
・『彼の技術は絶頂に達している』
・『彼女は絶頂期に引退した元アイドルだ』

まとめ

今回は「絶頂」の読み方について紹介しました。

「絶頂」の正しい読み方は「ぜっちょう」で、「ぜつちょう」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました