「美める」の読み方と意味とは?「ほめる」と「びめる」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「美める」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「美める」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「美める」の正しい読み方は「ほめる」と「びめる」どちら

「美める」「美」は、音読みで「ビ」「ミ」、訓読みで「うつく(しい)」「よ(い)」「ほ(める)」と読みます。

「美」を訓読みで読むと、「ほめる」となります。

一方、「美」を音読みで読むと、「びめる」と読めますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「美める」の正しい読み方は「ほめる」です。

「ほめる」には他にも、「褒める」「誉める」「賞める」、または「讃める」などの漢字表記があります。

一般的には「褒める」「誉める」が用いられています。

「美める」「びめる」ではなく、「ほめる」と読むようにしましょう。

「美める」の意味

「美める」とは、相手の優れているところを口に出して言ったり、称(たた)えたりすることを言います。

「美める」「美」は、「美しい」「美味しい」「ほめる」「よいこと」などを意味しています。

そのため、「美める」は漢字の意味から見ても、「ほめる」と言う意味合いになります。

「美める」の言葉の使い方や使われ方

・『時には、自分へのご褒美や、自分自身を美めることも必要です』
・『私は美められると伸びるタイプなんです』
・『私は相手の欠点ではなく、良いところを見つけて、なるべく美めるようにしています』

まとめ

「美める」と似た意味を持つ語としては、「嘆美(たんび)」「歎美(たんび)」「賛美(さんび)」「讃美(さんび)」、あるいは「称美(しょうび)」などが挙げられます。

「ほめる」にはいくつかの漢字があり、またその意味を持つ熟語も多くあります。

普段使っていない「ほめる」の漢字や、熟語などを知ることで、語彙力が増え、表現の幅が広がるでしょう。

「美める」「びめる」ではなく、「ほめる」と読むことを覚えておきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました