「至適」の読み方と意味とは?「してき」と「しゆく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「至適」の読み方と意味とは? 読み方

最適な状態や体調を示す時に使う言葉には「至適」があります。

この記事では、「至適」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「至適」の正しい読み方は「してき」と「しゆく」どちら

「至適」の正しい読み方は「してき」であり、「しゆく」とは読みません。

この言葉に使われている「至」は音読みで「し」と読み、訓読みは「至る」「いたる」と読みます。

「適」は音読みで「てき」と読み、訓読みは「適う」「かなう」「適く」「ゆく」と読みます。

正しい読み方の結論

「至適」の正しい読み方は「してき」であり、「しゆく」は間違いです。

「至適」の意味

「至適」とは最も適している状態や体調を示す時に使う言葉です。

特に医療用語として使われることが多く、「至適血圧」は理想的な血圧の数値を示すものであり、この状態を目指すことで様々な病気を予防することが可能になります。

「至適血圧」はあくまでも理想的な数値であり、一般的に正常な血圧の範囲はもう少し広いものとなります。

運動や活動しやすい温度を示す言葉には「至適温度」があり、日本では四季によってこの温度が変化するのが特徴です。

「至適」の類義語としては「最適」があり、こちらは一番適している状態を示す時に使います。

「至適」の言葉の使い方や使われ方

・『この物質の至適濃度を検査しています』
・『至適血圧を提示されたが、自分には程遠いと感じました』
・『春は至適温度になる日が多く、作業が捗ります』

まとめ

「至適」は最適な状態や体調を示す時に使う言葉であり、主に医療や医学分野で使われます。

これ以外にも「至適」は温度や濃度に使われますが、一般的には類義語である「最適」の方がよく使われます。

タイトルとURLをコピーしました