「蚕糸」の読み方と意味とは?「さんし」と「かいこいと」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「蚕糸」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「蚕糸」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「蚕糸」の正しい読み方は「さんし」と「かいこいと」どちら

「蚕糸」「蚕」は、音読みで「サン」「テン」、訓読みで「かいこ」「こ」と読みます。

また「糸」は、音読みで「シ」「ベキ」、訓読みで「いと」となります。

「蚕」「糸」を音読みにすると、「さんし」と読むことができます。

一方、「蚕」「糸」を訓読みにすると、「かいこいと」と読めますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「蚕糸」の正しい読み方は「さんし」です。

「蚕糸」「かいこいと」ではなく、「さんし」と読むようにしましょう。

「蚕糸」の意味

「蚕糸」とは、蚕(かいこ)の繭(まゆ)から取った糸のことを言います。

「蚕糸」「蚕」は、「かいこ」「かいこを飼う」などを意味しています。

また「糸」は、「いと」「きぬいと」などを表しています。

そのため、「蚕糸」は漢字の意味から見ると、「蚕の糸」と言う意味合いになります。

「蚕糸」の言葉の使い方や使われ方

・『養蚕や製糸を行う業種を「蚕糸業」と言います』
・『絹織物は蚕糸で作られています』
・『祖母から蚕糸で作った手鞠をもらいました』

まとめ

「蚕糸」「蚕の糸」だと、意味が分かりやすい言葉です。

ですが、現在では「蚕糸」よりも、「絹糸」「生糸」の言葉の方が一般的にはよく使われているようです。

「蚕糸」と関連した語としては、「絹糸(きぬいと・けんし)」「生糸(きいと)」「練糸(ねりいと)」「撚糸(ねんし)」、あるいは「繭糸(けんし)」などが挙げられます。

「蚕糸」「かいこいと」ではなく、「さんし」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました