「表層」の読み方と意味とは?「ひょうそう」と「おもてそう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「表層」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「表層」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「表層」の正しい読み方は「ひょうそう」と「おもてそう」どちら

「表」という漢字は訓読みでは「おもて」「表(あらわ)す」「しるし」と読み、音読みでは「ひょう」と読みます。

そして、「層」という漢字は訓読みでは「層(かさ)なる」と読み、音読みでは「そう」と読みます。

「表層」の場合、「表」「層」それぞれに音読みを当て、「ひょうそう」と読むのが正解です。

正しい読み方の結論

「表層」の正しい読み方は「ひょうそう」になります。

「表層」の意味

「表層」とは、「表面の層」を意味する言葉です。

「表層」の類義語には「上辺(うわべ)」「上面(うわつら)」「上側(うわがわ)」「上面(じょうめん)」「表(おもて)」「面(おもて)」などがあります。

「表」という漢字には「おもて」「上辺」「物事の外側にあらわれた部分」のほか、「あらわす」「あらわれる」「しるし」「目印」などの意味も含まれます。

そして、「層」「かさなる」「かさねる」「いくつもかさなったもの」のほか、「階級」「人や社会の区分」などの意味も含める漢字です。

「表層」の言葉の使い方や使われ方

・『大きな岩石の表層には、何か植物の蔓のようなものが所狭しと張っていた』
・『緊張状態下における表層心理への影響について、心理実験が行われた』
・『表層に含まれる成分が下の皮膚組織を保護する役目を担っている』

まとめ

「表層」の正しい読み方は「ひょうそう」ということでした。

「表層」という言葉には「表層」とは、「表面の層」という意味が含まれています。

タイトルとURLをコピーしました