「裏町」の読み方と意味とは?「うらまち」と「りまち」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「裏町」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「裏町」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「裏町」の正しい読み方は「うらまち」と「りまち」どちら

「裏町」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「裏」の漢字の音読みは「リ」で、訓読みは「うら」です。

また、「町」の漢字の音読みは「チョウ」で、訓読みは「まち」です。

ここから、二つの漢字を訓読み+訓読みで繋げれば、「うらまち」と読めることが分かります。

また、音読み+訓読みで繋いで、いわゆる重箱読みにすれば、「りまち」と読める可能性があることも分かります。

しかし、いずれの読み方が正しいかは、この分析から判断することは出来ません。

さて、「裏町」の正しい読み方は「うらまち」「りまち」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「裏町」の正しい読み方は「うらまち」で、「りまち」と読むのは間違いです。

この熟語では、少し特殊な重箱読みではなく、一般的な訓読みを重ねた読み方の方が、正しいと言うことです。

「裏町」の意味

「裏町」とは「表通りに面していない裏側にある町のこと」を意味する言葉です。

「裏町」の言葉の使い方や使われ方

・『あの国の幹線道路沿いには、近代的なビルも多数建っており、発展しているかに見えますが、その裏町は未だにごみごみしたスラム街です』
・『難民は裏町の劣悪な環境の難民キャンプで暮らすことを余儀なくされています』
・『私達のたまり場は、裏町にある質素なスナックです』

まとめ

「裏町」の正しい読み方は「うらまち」で、「りまち」と読むのは間違いです。

また、この「裏町」とは「表通りに面していない裏側にある町のこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました