「補修」の読み方と意味とは?「ほしゅう」と「おぎなしゅう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「補修」の読み方と意味とは? 読み方

マンションや道路などは定期的に「補修」が行われています。

具体的にはどのような作業で読み方は何が正解なのでしょうか。

今回は、「補修」の正しい読み方と意味について解説します。

「補修」の正しい読み方は「ほしゅう」と「おぎなしゅう」どちら

「補修」という言葉の読み方を漢字の読み方を当てはめて考えると「ほしゅう」「おぎなしゅう」の2つが浮かびます。

「ほしゅう」「おぎなしゅう」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「補修」の正しい読み方は「ほしゅう」です。

「補」には「補足」【ほそく】「補講」【ほこう】など「ほ」という読み方と、「補う」【おぎなう】「補い薬」【おぎないぐすり】など【おぎな】という読み方があります。

「修」「修得」【しゅうとく】「必修」【ひっしゅう】など「しゅう」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「ほしゅう」「おぎなしゅう」の2つのうち「補修」の正しい読み方は「ほしゅう」です。

「補修」の意味

「補修」とは、「壊れた部分を補うようになおすこと」を意味する言葉です。

損傷により失われた機能や性能を補うようになおすさまを表します。

主に経年劣化や損耗によって失われた機能や性能を補うようになおす行為を指しますが、元通りにすることよりも十分な機能や性能を取り戻すことを重視しているので見た目や形状が変わることもあります。

「補修」の言葉の使い方や使われ方

・『ズボンの裂け目を補修する』
・『堤防の補修工事が行われた』
・『あちこち壊れて補修が追いつかない』

まとめ

「補修」「ほしゅう」と読むのが正しく「おぎなしゅう」という読み方は存在しません。

物を直す行為にはいろいろな表現があるので言葉の正しい意味を理解して使い分けてください。

タイトルとURLをコピーしました