「規律」の読み方と意味とは?「きつ」と「きりつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「規律」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「規律」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「規律」の正しい読み方は「きつ」と「きりつ」どちら

「規」という漢字は訓読みでは「のり」「規(ただ)す」と読み、音読みでは「き」と読みます。

そして、「律」という漢字は訓読みでは「のり」「律(のっと)る」と読み、音読みでは「りつ」「りち」と読みます。

「規律」の場合、「規」「律」それぞれに音読みを当て、「きりつ」と読むのが正解です。

正しい読み方の結論

「規律」の正しい読み方は「きりつ」になります。

「規律」の意味

「規律」には以下の意味が含まれています。

「人々の行為の基準として定めれたもの」
「一定の秩序」
「規律」の類義語としては、「掟(おきて)」「決まり」「規則」「規定」「規約」「ルール」などがあります。

「規律」は別の漢字を用いて「紀律(きりつ)」と表記されるケースもありますが、「規律」「集団やシステムの秩序維持のためのルール」「紀律」「風紀に関するルール」として使い分けられているケースが多いようです。

「規」という漢字には「決まり」「手本」「正しい」「戒める」という意味のほか、「コンパス」などの意味が含まれています。

そして、「律」という漢字も同じく「決まり」「定め」「戒め」という意味のほか、「学問上の法則」「音楽の調子」などの意味が含まれる漢字です。

「規律」の言葉の使い方や使われ方

・『厳格な規律のもとで公正な秩序が維持されている』
・『規律に違反したとして、彼は処罰を受けた』
・『規律正しい生活を送ることが、一番の健康法である』

まとめ

「規律」の正しい読み方は「きりつ」になります。

「規律」「人々の行為の基準として定めれたもの」「一定の秩序」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました