「親密」の読み方と意味とは?「しんみつ」と「おやみつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「親密」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「親密」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「親密」の正しい読み方は「しんみつ」と「おやみつ」どちら

2人の仲が深くなり、お互いを尊敬し合って付き合うことを「親密」【しんみつ】といいます。

何度か会って交流するうちに相手との距離を縮めて、何でも話し合える関係になるという意味があるわけです。

誰よりも「親密な関係」になることで、家族よりも一緒にいる時間が楽しいと感じたり、仕事仲間としていい物づくりができるようになるでしょう。

正しい読み方の結論

音読みで「親」「シン」といい、「密」「ミツ」と読みます。

「親」の意味は「子供を生んだ人」で、「密」「ひそか」「すきまがない」という意味合いがある言葉です。

かなり2人は密接しているといった状態であることから、一般的には「親密」と書くときは「おやみつ」ではなく、「しんみつ」と読む方が一般的です。

「親密」の意味

主に、離れていた2人の仲が深まり、今よりもいい方向に進展したことを表せる言葉です。

「親密な間柄」といえば、まるで兄弟のように協力し合ったり、お互いを頼りにする仲になったことを表せます。

反対に、「彼らはそれほど親密な関係ではない」といえば、いつまでも深い間柄になれていない状態を意味する言葉になり、それ以上の発展は見込めない態であることが分かるわけです。

「親密」の言葉の使い方や使われ方

・『取引する会社の社長と食事に出かけるほど親密な関係になった』
・『親密な間柄になるには、相手の考え方に共感する気持ちを持つこと』
・『一見仲が良さそうに見える2人だが、実はそれほど親密でもない』

まとめ

ビジネスシーンでは、取引先相手との関係においていい関係になることは実に重要なことです。

お互いに心を通わせて、うまく距離を縮められるよう独力してみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました