「誌面」の読み方と意味とは?「しめん」と「しづら」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「誌面」の読み方と意味とは? 読み方

「誌面」は新聞や雑誌に関係する言葉です。

具体的にはどのような意味で何が正しい読み方なのでしょうか。

今回は、「誌面」の正しい読み方と意味について解説します。

「誌面」の正しい読み方は「しめん」と「しづら」どちら

「誌面」という言葉の読み方として候補になるのが「しめん」「しづら」です。

「しめん」「しづら」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「誌面」の正しい読み方は「しめん」です。

「誌」「誌代」【しだい】「日誌」【にっし】など「し」と読みます。

「面」「面倒」【めんどう】「対面」【たいめん】など「めん」と読むほか、「外面」【そとづら】「馬面」【うまづら】など「づら」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「しめん」「しづら」のうち「誌面」の正しい読み方は「しめん」です。

「誌面」の意味

「誌面」とは、「雑誌の記事が載っている面」を指す言葉です。

「誌」には事実や出来事を書き記した文章という意味があります。

様々な事実をまとめた記事を載せて発行される書物を「雑誌」といい、雑誌の記事が掲載されている面を指す言葉が「誌面」です。

本来は表紙や目次などを除く記事を掲載する部分を指す言葉ですが、一般的には「雑誌の中身」といった意味合いで使われている表現です。

よく似た言葉に「紙面」がありますが「紙面」が新聞や書籍など紙の印刷物全般の表面を指すのに対し、「誌面」は雑誌のみに限られるという違いがあります。

「誌面」の言葉の使い方や使われ方

・『誌面に大きく取り上げられる』
・『スクープ記事が誌面に掲載されてしまった』
・『誌面の充実を目指して新しい編集長が招かれた』

まとめ

「誌面」「しめん」が正しい読み方で「しづら」と読むのは誤りです。

雑誌に限って使う言葉なので「紙面」と混同しないように正しい意味と読み方を知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました