「語源」の読み方と意味とは?「ごげん」と「ごみなもと」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「語源」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「語源」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「語源」の正しい読み方は「ごげん」と「ごみなもと」どちら

「語源」「語」は、音読みで「ゴ」「ギョ」、訓読みで「かた(る)」「かた(らう)」などと読みます。

また「源」は、音読みで「ゲン」、訓読みで「みなもと」となります。

「語」「源」を音読みにすると、「ごげん」と読むことができます。

一方、「語」を音読み、「源」は訓読みで、「ごみなもと」になりますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「語源」の正しい読み方は「ごげん」です。

「語源」「ごみなもと」ではなく、「ごげん」と読むようにしましょう。

「語源」の意味

「語源」とは、その単語が成立した由来や、起源のことを言います。

あるいは、その単語のもとの形や意味を指しています。

「語源」「語」は、「かたる」「かたらう」「ことば」などを意味しています。

また「源」は、「みなもと」「水流のもと」「物事の始まるもと」などを表しています。

そのため、「語源」は漢字の意味から見ると、「言葉の始まるもと」と言うような意味合いになります。

「語源」の言葉の使い方や使われ方

・『この言葉の語源は諸説あり、これだと断定することは難しいようです』
・『言葉の語源を知ることで、意味が分かる語が増え、表現力が高まります』
・『外国語の語源を調べてみるのも、興味深いものがあります』

まとめ

「語源」と関連した語としては、「語原(ごげん)」「語源学(ごげんがく)」「語源意識(ごげんいしき)」「語源辞典(ごげんじてん)」などが挙げられます。

「語源」「ごみなもと」ではなく、「ごげん」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました