「誠実」の読み方と意味とは?「せいじつ」と「せいみ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「誠実」の読み方と意味とは? 読み方

「誠実」とは何を意味しどう読むのが正しい言葉なのでしょうか。

今回は、「誠実」の正しい読み方と意味について解説します。

「誠実」の正しい読み方は「せいじつ」と「せいみ」どちら

「誠実」の読み方を漢字それぞれの読みを当てはめて考えてみると「せいじつ」「せいみ」の2つが候補になります。

「せいじつ」「せいみ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「誠実」の正しい読み方は「せいじつ」です。

「誠」「誠意」【せいい】「忠誠」【ちゅうせい】など「せい」と読みます。

「実」「実物」【じつぶつ】「現実」【げんじつ】など「じつ」と読むほか、「実入」【みいり】「木の実」【きのみ】など「み」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「せいじつ」「せいみ」のうち「誠実」の正しい読み方は「せいじつ」です。

「誠実」の意味

「誠実」とは、「嘘や偽りのない真実の心で物事に向き合うこと」を意味する言葉です。

言葉や行動にごまかしがなく信頼できるさまを表します。

ひたむきで真面目な態度やおかしなところがないまっすぐな心を表し、一般的には人として好ましく信じられる様子に対して用いる表現です。

純真さや真面目さという意味に加えて人として正しくあろうと思い恥ずかしくない態度を心がける正しい心根の意味合いも含みます。

持って生まれた心の正しさだけではなく正しい心を大切にする気概も含む表現です。

「誠実」の言葉の使い方や使われ方

・『誠実な人柄で誰からも好かれている』
・『彼の誠実さを見習うべきだ』
・『誠実なお願いが彼の心を動かした』

まとめ

「誠実」の正しい読み方は「せいじつ」「せいみ」と読むのは誤りです。

肯定的なニュアンスで使われる表現なので正しい意味と読み方を理解して使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました