「誤字」の読み方と意味とは?「ごじ」と「ごあざ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「誤字」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「誤字」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「誤字」の正しい読み方は「ごじ」と「ごあざ」どちら

普段よく目にする言葉でも、読み方がわからないことがあります。

では「誤字」はどのように読むのでしょうか。

解説をしていきます。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「ごじ」です。

「誤」「ゴ」「あやまる」と読む、小学校6年生で習う漢字です。

音訓表にはのっていませんが「まどわす」とも読みます。

「字」「ジ」「あざ」と読む、小学校1年生で習う漢字です。

音訓表にはのっていませんが「あざな」とも読みます。

「あざな」とは、実名以外の呼び名のことです。

「誤字」「ごじ」が正しい読み方です。

「ごあざ」とも読めそうですが、このような言葉はありません。

「誤字」の意味

間違った形の文字、正しくない文字という意味です。

主に漢字についていいます。

平仮名やカタカナに比べて漢字は形が複雑で、間違いやすいです。

字の使い方が間違っていたり、意図していた文字とは違ったものを書いてしまったりすることをいいます。

たとえば、「王」という漢字を書こうとしていたとします。

しかし、うっかりと点をつけてしまい「玉」という漢字を書いてしまったとします。

こういった間違いのことを意味する言葉です。

間違いを防ぐためには、一度書いたものを見直すことが大切です。

ひとつひとつの漢字を見ていけば、間違いに気が付くことでしょう。

「誤字」の言葉の使い方や使われ方

・『誤字がないか確認をする』

まとめ

この言葉は、正しくは「ごじ」と読みます。

漢字は書き間違いをすることが多く、この言葉が意味するものをやってしまいがちです。

間違えないようにするためには、見直しが大切です。

タイトルとURLをコピーしました