「誤差」の読み方と意味とは?「ごさ」と「ごし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「誤差」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「誤差」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「誤差」の正しい読み方は「ごさ」と「ごし」どちら

普段使っている言葉でも、漢字で書かれると読み方がわからないことがあります。

では、「誤差」はどのように読むのでしょうか。

解説をしていきます。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「ごさ」です。

「誤」は音読みでは「ゴ」、訓読みでは「あやまる」「まどわす」と読みます。

小学校6年生で習う漢字です。

「差」は音読みでは「サ」「シ」、訓読みでは「さす」「たがう」「つかわす」と読みます。

小学校4年生で習う漢字です。

「誤差」「ごさ」「ごし」どちらの読み方もできそうですが、「ごさ」と読みます。

「ごし」という読み方の漢字には、「五指」「語詞」などがあります。

「誤差」の意味

この言葉には2つの意味があります。

ひとつは、わずかな差です。

真の値と測定をした値や近い値との差のことをいいます。

たとえば、レシピに小麦粉100gを使うと書かれていたとします。

実際に量った重さは102gだとします。

真の値がレシピに書かれている100g、はかった重さが102gで、その差は2gあります。

この差のことを「誤差」といいます。

もう一つの意味は、食い違いです。

計画していたものと実際のものとが違うなどのことをいいます。

「誤差」の言葉の使い方や使われ方

・『誤差がでてしまう』

・『多少誤差があっても気にしない』

・『できるだけ誤差をなくす』

まとめ

この言葉は、正しくは「ごさ」と読みます。

本当の値と測定したものとの差、あるものと一致しなことという意味です。

天気予報や商品の形など、さまざまな事柄について使われている言葉です。

タイトルとURLをコピーしました