「諸表」の読み方と意味とは?「しょひょう」と「しょひょう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「諸表」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「諸表」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「諸表」の正しい読み方は「しょひょう」と「しょおもて」どちら

「諸表」の読み方として推測できるものに、「しょひょう」「しょおもて」があります。

「しょひょう」「しょおもて」の二つの読み方のうち、「諸表」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「諸表」の正しい読み方の結論は、「しょひょう」が正しい読み方になります。

「諸表」の言葉に使われている「表」の漢字の音読みは「ヒョウ」、訓読みは「おもて」です。

しかし「諸表」という表現においては「ヒョウ」の音読みが採用されて、「おもて」という訓読みで読むことはありません。

そのため、「諸表」「しょおもて」と読むのは明らかな読み間違えになってしまうのです。

また「しょおもて」という日本語自体も存在しない言葉になります。

「諸表」の意味

「諸表」の意味は、「いろいろな種類の表」を意味しています。

「諸表」という言葉は、「一つの種類だけではない諸々の表」を指し示しているのです。

「諸表」の意味として、「複数の種類の書類や表」も挙げることができます。

「諸表」の言葉の使い方や使われ方

「諸表」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『諸表の辞書的な意味はいろいろな表ですが、実際の用法では会計用語である財務諸表を指すことが多くなっています』
・『株式会社の経理で作成する財務諸表の代表的なものとして、貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書があります』
・『金融商品取引法で財務諸表と定義されている一連の書類は、社内ではシンプルに決算書と呼ばれることが多いのです』

まとめ

この記事では、「諸表」の正しい読み方「しょひょう」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「諸表」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました