「警察」の読み方と意味とは?「けいさつ」と「きょうさ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「警察」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「警察」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「警察」の正しい読み方は「けいさつ」と「きょうさ」どちら

「警察」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「警」の漢字の音読みは「ケイ ・キョウ」で、訓読みは「いまし(める)」です。

また、「察」の漢字の音読みは「サツ」で、訓読みは「あき(らか)・み(る)・し(る)」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「けいさつ」と読めることが分かります。

しかし、「警」の漢字には常用漢字外の読みですが「きょう」との読みはあるものの、「察」の漢字には「さ」との読みがないことから、「きょうさ」と読むことは出来ず、間違いではないかと考えられます。

さて、「警察」の正しい読み方は「けいさつ」「きょうさ」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、もちろん先に推察した通り「警察」の正しい読み方は「けいさつ」で、「きょうさ」と読むのは間違いです。

なぜ、「警察」「きょうさ」と読み間違えることがあるのかは、分かりません。

「警察」の意味

「警察」とは、「社会公共の秩序と安全を維持するため、国家の統治権に基づき設置された行政機関のこと」を意味する言葉です。

「警察」の言葉の使い方や使われ方

・『全国の都道府県警察を統括する中央機難は警察庁です』
・『日本の警察の特徴は、身近な所に駐在所や交番があることだと言われています』

まとめ

「警察」の正しい読み方は「けいさつ」で、「きょうさ」と読むのは間違いです。

また、この「警察」とは、「社会公共の秩序と安全を維持するため、国家の統治権に基づき設置された行政機関のこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました