「豊頬」の読み方と意味とは?「ほうきょう」と「とよほほ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「豊頬」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「豊頬」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「豊頬」の正しい読み方は「ほうきょう」と「とよほほ」どちら

「豊頬」の読み方として推測できるものに、「ほうきょう」「とよほほ」があります。

「ほうきょう」「とよほほ」の二つの読み方のうち、「豊頬」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「豊頬」の正しい読み方の結論は、「ほうきょう」が正しい読み方になります。

「豊頬」の言葉で使っている「豊」の訓読みは「とよ・ゆたか」、音読みは「ホウ」ですが、「豊頬」では「ホウ」の読み方が採用されます。

「頬」の漢字の訓読みは「ほほ」、音読みは「キョウ」ですが、「豊頬」では「キョウ」の音読みを使います。

そのため、「豊頬」の正しい読み方は「ほうきょう」で、「とよほほ」という読み方は読み間違えになるのです。

「豊頬」の意味

「豊頬」の意味は、「豊かなふっくらとしたほっぺた・ふっくらした美的な頬」のことを意味しています。

また「豊頬」には、「痩せぎすではなく頬がふっくらとしている美人・美少年(美青年)」といった意味のニュアンスも含まれています。

近世以前の美的な感覚では、「頬がげっそりしている状態」よりも「頬がふっくらしている状態(ふっくらして血色も良い状態)」のほうが美人の基準に適っていると見られていたのです。

「豊頬」の言葉の使い方や使われ方

「豊頬」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『豊頬の美少年といった表現も、痩せが美しいと解釈されやすい現代ではあまり通じなくなっています』
・『豊頬の美しい容姿を見て、生まれ育ちの良いお嬢様であるということを直観しました』
・『豊頬の美人は、歴史の重要な局面において傾城(けいせい)の働きをすることもありました』

まとめ

この記事では、「豊頬」の正しい読み方「ほうきょう」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「豊頬」の読み方・意味・使い方をリサーチしたいときは、この記事の解説を参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました