「貴台」の読み方と意味とは?「きだい」と「きたい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「貴台」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「貴台」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「貴台」の正しい読み方は「きだい」と「きたい」どちら

「貴台」の読み方として予測できるものに、「きだい」「きたい」があります。

「きだい」「きたい」の二つの読み方のうち、「貴台」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「貴台」の正しい読み方の結論は、「きだい」が正しい読み方になります。

「きだい」の人代名詞で使われている「台」という漢字の音読みは「ダイ・タイ」です。

「台」「台風・台頭・台湾」などの言葉では「タイ」と清音で読むこともありますが、「貴台」では「ダイ」の濁音の読みになります。

そのため、「貴台」「きたい」と読むのは明らかな誤読として判断されます。

「きたい」と読める漢字表記は、「貴台」ではなく「期待・機体・気体」などになります。

「貴台」の意味

「貴台」の言葉は、「あなたを意味する二人称の人代名詞で敬語に相当する文語的な言い方」を意味しています。

「貴台」というのは、「自分よりも地位・立場・年齢などが上の目上の人に対して、敬意を込めて使われる二人称の人代名詞」を示しています。

「貴台」の原義は、「王侯貴族などの身分が高い人たちが暮らす宮殿」でした。

「貴台」の言葉の使い方や使われ方

「貴台」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『貴台という敬語は、話し言葉で使われることはなく主に書き言葉で使われるものです』
・『貴台からのご協力をいただいたことで、今回のプロジェクトを無事に成功させることができました』
・『貴台におかれましては、ますますご活躍のこととお慶び申し上げます』

まとめ

この記事では、「貴台」の正しい読み方「きだい」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?「貴台」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました