「貴地」の読み方と意味とは?「きち」と「きじ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「貴地」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「貴地」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「貴地」の正しい読み方は「きち」と「きじ」どちら

「貴地」の読み方として考えられるものに、「きち」「きじ」があります。

「きち」「きじ」の二つの読み方のうち、「貴地」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「貴地」の正しい読み方の結論は、「きち」が正しい読み方になります。

「貴地」の言葉で使用されている「地」という漢字の音読みは「チ・ジ」ですが、「貴地」においては「チ」という音読みが採用されます。

そのため、「貴地」「きじ」と読むのは明らかな読み間違えとなるのです。

「きじ」と読むことができる漢字表記は、「貴地」ではなく「生地・記事・雉」などになります。

「貴地」の意味

「貴地」の言葉は、「相手が住んでいるところを表現する敬語」を意味しています。

「貴地」というのは、「尊敬の念を抱いている相手が住んでいる場所(住所)・居住地」を指し示している尊敬語なのです。

「貴地」とほぼ同じ意味合いを持っている類語として、「御地(おんち)」を挙げることができます。

「貴地」の言葉の使い方や使われ方

「貴地」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『お手数をおかけ致しますが、当日は貴地までご案内頂ければ幸いに存じます』
・『私どもがお伺いさせて頂いた折に、貴地にて新規ビジネスの事業提携にまつわる話し合いをさせて頂ければと考えております』
・『貴地におかれましては、変化する四季の景観を趣深く楽しむことのできる風光明媚なお土地柄であると聞き及んでおります』

まとめ

この記事では、「貴地」の正しい読み方「きち」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?「貴地」の読み方・意味・使い方をリサーチしたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました