「貴簡」の読み方と意味とは?「きかん」と「きま」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「貴簡」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「貴簡」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「貴簡」の正しい読み方は「きかん」と「きま」どちら

「貴」は訓読みでは「貴(たっと)い」「貴(とうと)い」「貴(たか)い」と読み、音読みでは「き」と読む漢字です。

そして、「簡」は訓読みでは「ふだ」「簡(えら)ぶ」と読み、音読みでは「かん」「けん」と読む漢字です。

「貴簡」の場合、「貴」「簡」それぞれに音読みを当てるのですが、「簡」「ま」と読む用法はないので、「きかん」と読むのが正解になります。

正しい読み方の結論

「貴簡」の正しい読み方は「きかん」になります。

「貴簡」の意味

「貴簡」とは、「相手の手紙を敬った表現」であり、別の漢字を用いて「貴翰(きかん)」とも表記されます。

「貴簡」の類義語として「お手紙」「御書(ごしょ)」「貴書(きしょ)」「懇書(こんしょ)」「貴札(きさつ)」「芳書(ほうしょ)」などがあります。

「貴」「身分や価値が高い」「大切にする」、そして、「相手へ敬意を示す語」という意味が含まれる漢字です。

そして、「簡」「文字を記した木製や竹製の札」「手紙、文書、書物」という意味ほか、「手軽な」「大まかな」「慎ましい」「選ぶ」などの意味が含まれる漢字です。

「貴簡」のように「貴」を用いた敬語表現の例には以下があります。

「貴方(あなた)」
相手への敬称。

「貴意(きい)」
相手の意見を敬った語。

「貴店(きてん)」
相手の店を敬った語。

「貴簡」の言葉の使い方や使われ方

・『貴簡を拝読したところ、深い洞察に満ちた内容に心打たれました』

まとめ

「貴簡」の正しい読み方は「きかん」になります。

「貴簡」とは、「相手の手紙を敬った表現」であり、別の漢字を用いて「貴翰(きかん)」とも表記されます。

タイトルとURLをコピーしました