「買値」の読み方と意味とは?「かいね」と「しょうね」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「買値」の読み方と意味とは? 読み方

「買値」はものの値段に関係する言葉ですが、どのような値段を意味しどう読むのが正しいのでしょうか。

今回は、「買値」の正しい読み方と意味について解説します。

「買値」の正しい読み方は「かいね」と「しょうね」どちら

「買値」という言葉の読み方として思いつくのが「かいね」「しょうね」の2つです。

「かいね」「しょうね」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「買値」の正しい読み方は「かいね」です。

「買」「買物」【かいもの】「買付」【かいつけ】など「かい」と読み、「値」「値札」【ねふだ】「高値」【たかね】など「ね」と読みます。

それぞれの読み方を合わせた「かいね」「買値」の正しい読み方です。

「買」「しょう」という読み方はないので「買値」「しょうね」と読むのは誤った読み方です。

「買値」の意味

「買値」とは、「買うとき、もしくは買ったときの値段」を意味する言葉です。

代金と引き換えに品物を手に入れることを「買う」といいます。

売買の取引において買い手が買うときに支払う金額が「買値」に当たります。

「買値」は買う立場で使う表現です。

店で100円支払ってジュースを買った場合、客にとって100円は「買値」ですが店側から見ると100円は売るときの価格を意味する「売値」に当たります。

株式取引では投資家がこの価格で買いたいと提示している希望価格を「買値」といい、ビジネスでは販売するために商品を購入するときの仕入れ価格を「買値」と表現します。

「買値」の言葉の使い方や使われ方

・『買値よりも高く売れた』
・『買値が下がり続けているので取引がなかなか成立しない』
・『買値を安く抑えれば利益が増える』

まとめ

「買値」「かいね」と読み「しょうね」とは読みません。

日常会話でも使う言葉なので正しい意味と読み方を知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました