「跪く」の読み方と意味とは?「ひざまずく」と「もろく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「跪く」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「跪く」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「跪く」の正しい読み方は「ひざまずく」と「もろく」どちら

「跪く」の正しい読みは、「ひざまずく」です。

この言葉は、足をどう運ぶかという部分が重要なヒントになっていて、この漢字の由縁は、チャイナドレスになり、かがむと下着が見えそうになるがゆえ危険な姿勢であることから、足に危険と書いて「ひざまずく」と読みます。

ちなみに、「脆く」「もろく」と読み、月は満ち欠けによって形が変わることから元の形が崩れている「脆い」という言葉になりました。

正しい読み方の結論

「跪く」の正しい読みは、「ひざまずく」です。

この言葉は、漢字から推測が可能で、足をかがませるとチャイナドレスであれば、下着まで見えて危険だと覚えておくと、「ひざまずく」行為のことだと覚えておくことが可能です。

「跪く」の意味

「跪く」は昔は、下着が見えることを覚悟したうえで屈みこむことでした。

なので、スカートなんかを履いていると下着が見える可能性がある危険な行為でした。

ただ、ズボンなんかを着用していれば、下着は見えませんのであくまで、「跪く」は、昔は下着が見える危険な行為ですが、現在では単にかがむことを意味します。

「跪く」の言葉の使い方や使われ方

・『女王陛下の前で跪く』
・『国王陛下の前では跪くのが礼儀である』

まとめ

「跪く」は、元々中国が由来で、昔は、かがみこむ行為自体が危険な行為という意味があり、下着が見える危険行為という意味でこの漢字が作られました。

しかし現在では、かがむという行為は別に下着が見えるようなものを着用しなければ大丈夫なので、単にかがむことを意味します。

よって、この漢字は、「ひざまずく」で間違いの読みである「もろく」は月の満ち欠けのように元の形が崩れることから「脆く」と記載します。

タイトルとURLをコピーしました