「逆巻」の読み方と意味とは?「さかま」と「さかまき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「逆巻」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「坂巻」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「坂巻」の正しい読み方は「さかま」と「さかまき」どちら

「坂巻」の正しい読み方は、「さかまき」です。

この漢字は、訓読みで読み上げるため、「坂」「巻」は、訓読みで読み上げ、「さかまき」と読みます。

「巻」という文字は、「まく」と読むか「まき」と読むため、この読みは、「さかまき」「さかまく」のいずれかが正しい読みです。

正しい読み方の結論

「坂巻」の正しい読み方は、「さかまき」「さかまく」です。

この漢字は、音読みで読み上げるため、「巻」は、「まく」「まき」と読み「さかまく」と読むか「さかまき」と読みます。

なお、「さかまき」「さかまく」の違いは、「さかまく」という動作を現す言葉が名詞になったという違いになります。

「坂巻」の意味

「坂巻」の意味は、海とか川で流れに逆らうことで作り出される並のことです。

つまり乗り物などに乗って、海とか川の流れに逆行することで生まれる波が「坂巻」です。

なお、名詞で「坂巻」を使用する場合、逆行することを強調する言葉になります。

「坂巻」の言葉の使い方や使われ方

・『坂巻工法の施工によって、崩壊を防ぐ』
・『坂巻寿司を作る』
・『坂巻パーマをかける』

まとめ

「坂巻」の読み方については、動作を示すのであれば、「さかまく」と読み上げ、名詞を意味するのであれば「さかまき」と読みます。

この漢字は、訓読みで読み上げるため、「坂」「巻」という感じの訓読みをそれぞれ覚えておけば読み上げが可能です。

そのうえで、「巻」という部分を「まく」と読むか「まき」と読むかで動作を意味する言葉になるか名詞に変化します。

だから名詞の場合、「坂巻工法」とか、「坂巻寿司」という名前を指します。

タイトルとURLをコピーしました