「運河」の読み方と意味とは?「うんが」と「うんかわ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「運河」の読み方と意味とは? 読み方

「運河」は水上交通に関係する言葉です。

具体的に何を指しどう読む言葉なのでしょうか。

今回は、「運河」の正しい読み方と意味について解説します。

「運河」の正しい読み方は「うんが」と「うんかわ」どちら

「運河」という言葉の読み方として「うんが」「うんかわ」が考えられます。

「うんが」「うんかわ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「運河」の正しい読み方は「うんが」です。

「運」「運転」【うんてん】「陸運」【りくうん】など「うん」と読みます。

「河」「大河」【たいが】「氷河」【ひょうが】など「が」と読むほか、「河幅」【かわはば】「浦河」【うらかわ】など「かわ」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「うんが」「うんかわ」の2つのうち「運河」の正しい読み方は「うんが」です。

「運河」の意味

「運河」とは、「船舶の移動のために整備された水路」を指す言葉です。

船舶が通行するには水が必要です。

自動車を走る道路のように船舶の通行のために整備された水路を「運河」といいます。

基本的には人工的に作られた水路を指しますが川の護岸を整えて船が通れるようにしたり湖を横切ったりなど自然の水域を利用して設けられる「運河」もあります。

内陸部を流れる川や湖を使った道路のように利用されるものと水域同士を接続するために内陸に通すものの2種類がありますが、どちらも「運河」です。

「運河」の言葉の使い方や使われ方

・『船が運河を航行する』
・『運河を利用した水上輸送が発達している都市』
・『地中海と紅海は運河で結ばれている』

まとめ

「運河」の読み方は「うんが」が正しく「うんかわ」と読むのは誤りです。

日本だけでなく世界中に存在する水上交通の重要施設なので正しい読み方と意味を理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました