「過半数」の読み方と意味とは?「かはんすう」と「かはんかず」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「過半数」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「過半数」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「過半数」の正しい読み方は「かはんすう」と「かはんかず」どちら

「過半数」「過」は、音読みで「カ」、訓読みで「す(ぎる)」「す(ごす)」「あやま(ち)」などと読みます。

また「半」は、音読みで「ハン」、訓読みで「なか(ば)」となります。

さらに「数」は、音読みで「スウ」「ス」、訓読みで「かず」「かぞ(える)」と読むことができます。

「過」「半」「数」を音読みにすると、「かはんすう」と読むことができます。

一方、「過」「半」を音読み、「数」を訓読みにすると、「かはんかず」になりますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「過半数」の正しい読み方は「かはんすう」です。

「数」「かず」とも読めますが、「過半数」の場合は「かはんすう」と読みます。

「過半数」「かはんかず」ではなく、「かはんすう」と読むようにしましょう。

「過半数」の意味

「過半数」とは、全体総数の半分より多い数のことを言います。

「過半数」「過」は、「すぎる」「過去」「通過する」などを意味しています。

また「半」は、「半分」「中ほど」「途中」などを表しています。

さらに「数」は、「物の量」「かず」「数字」などの意味を持っています。

そのため、「過半数」は漢字の意味から見ると、「半分を過ぎる数」と言う意味合いになります。

「過半数」の言葉の使い方や使われ方

・『有権者の過半数を占めた』
・『残念ながら過半数に及ばなかった』
・『過半数を大幅に超えた』

まとめ

「過半数」と関連した語としては、「多数(たすう)」「大半(たいはん)」「大方(おおかた)」「殆(ほとん)ど」、あるいは「大部(だいぶ)」などが挙げられます。

「過半数」「かはんかず」ではなく、「かはんすう」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました