「過去」の読み方と意味とは?「かこ」と「かさり」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「過去」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「過去」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「過去」の正しい読み方は「かこ」と「かさり」どちら

「過」という漢字は訓読みでは「過(あやま)ち」「過(す)ぎる」「とが」「過(よぎ)る」と読み、音読みでは「か」と読みます。

そして、「去」という漢字は訓読みでは「去(さ)る」「去(ゆ)く」「去(のぞ)く」と読み、音読みでは「きょ」「こ」と読みます。

「過去」の場合、「過」「去」それぞれに音読みを当て、「かこ」と読むのが正解です。

正しい読み方の結論

「過去」の正しい読み方は「かこ」になります。

「過去」の意味

「過去」には以下の意味が含まれています。

「現在よりも以前の時」「過ぎ去った時間」
「好ましくない経歴や前歴」
・仏教用語における三世の1つであり、「この世に生まれる前の世」「前世(ぜんせ)」「過去世」
・文法において、「ある時点よりも以前の動作や状態を表す言い方」
「過去」の類義語には「昔(むかし)」「昔日(せきじつ)」「往時(おうじ)」「昔年(せきねん)」「在(あ)りし日(ひ)」「以前(いぜん)」などがあります。

「過去」の言葉の使い方や使われ方

・『思い出の写真を眺めながら、家族と幸せに過ごした過去の時間を懐かしむ』
・『彼は過去にしたことを清算するために、ボランティア活動に従事している』
・『過去問を何度も繰り返して解くことで、試験本番への対策を組んでいる』

まとめ

「過去」の正しい読み方は「かこ」であり、「過去」「現在よりも以前の時」「過ぎ去った時間」「好ましくない経歴や前歴」などの意味を表す言葉です。

タイトルとURLをコピーしました