「過激」の読み方と意味とは?「かげき」と「がけき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「過激」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「過激」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「過激」の正しい読み方は「かげき」と「がけき」どちら

過激の漢字を目にした人の中には何となく、がけきと読んでしまう人もいたりするものです。

とはいえ過の漢字には、が読みはないし、後ろの激の漢字にも、けきという読みはありません。

そのため過激の漢字は、がけきと読む事すら出来ないので、この様な読み方をするのは当然、誤りです。

過激は、がけきではなく、かげきと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

過激は、かげきと読むのが正解な言葉です。

というのも過の漢字は、過程といった言葉でも分かる様に、かという読みを持っている上に、激の漢字も、激辛といった言葉を見れば分かりますが普通に、げきという読み方が出来ます。

以上の事から過激は、それら2つの漢字の読みをシンプルに組み合わせて、かげきと読めるのです。

「過激」の意味

過激は、ある基準や範囲をこえるや通りすぎるといった意味がある過の漢字に、はげしいや強く勢い立たせる等の意味を有する激の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ過激は、度をこして激しい様や考え方等が一般論から酷くかけ離れている事を表すのです。

「過激」の言葉の使い方や使われ方

・『彼女は過激なダイエットが原因で体調を崩し、現在入院中です』
・『彼の思想は過激過ぎて、大抵の人は付いて行けません』
・『この曲の歌詞は過激過ぎて、テレビでは放送出来ないそうです』

まとめ

過の漢字には、がという読みはないし、激の漢字にも、けきという読みは存在しません。

なので過激の漢字を、がけきと読むのは間違いで、かげきと読むべき言葉です。

そんな過激は、度を越して激し過ぎる事ややり方とか考え方が常識から酷く逸脱している事といった意味を示す際に、用いられる言葉となっています。

タイトルとURLをコピーしました