「過食」の読み方と意味とは?「かしょく」と「かたべ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「過食」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「過食」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「過食」の正しい読み方は「かしょく」と「かたべ」どちら

食べ過ぎという意味があるのが「過食」【かしょく】です。

人間が1日に必要なエネルギーよりも多く摂取してしまうことを指し、体重が増加してしまう原因になるのです。

自分で食べ過ぎないように注意したとしても、気が付けば多くの食事をとってしまうため肥満になってしまいます。

正しい読み方の結論

音読みで「過」「カ」といい、「食」「ショク」と読みます。

「過」「すぎる」「食」「たべる」という意味になるため、2つ合わせて「食べ過ぎる」という意味合いになるわけです。

もう一方の「かたべ」は一般的な読み方ではなく、漢字に変換できない言葉であるため「過食」の正しい読み方は「かしょく」になります。

「過食」の意味

食べずにはいられなくなるのが「過食症」の厄介なところであり、食べて吐くを繰り返すわけです。

普通は適度に食べるのですが、「過食」になるとお腹が大きく出っ張るほど食べても「まだ足りない」と食べ続けてしまいます。

食べ過ぎる原因には、仕事や人間関係でのストレスによるものが多く、うまく自分で解決ができないことで食べることに逃げてしまうのです。

「過食」の言葉の使い方や使われ方

・『過食になった妹のお腹周りが太くなってしまった』
・『彼女が過食ぎみで、目の前でがつがつ食べる姿に悩む』
・『過食であることにひどく罪悪感を抱く妹が気の毒だ』

まとめ

食べ過ぎる自分に嫌悪感を抱くこともあるこの「過食」というつらい症状をそのままにせず、相談できる場所に行って気持ちをすっきりさせてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました