「金権」の読み方と意味とは?「きんけん」と「かねけん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「金権」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「金権」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「金権」の正しい読み方は「きんけん」と「かねけん」どちら

「金権」の正しい読み方は、「きんけん」です。

なお、「かねけん」とも読めるんですが、この言葉は2字熟語なので、音読みで読み上げる言葉で、「金」「権」という言葉を音読みで読み上げ、「きんけん」と読みます。

よって、「きんけん」が正しい読みで、音訓読みをする「かねけん」は間違いです。

もっと言えば、2字熟語は、音読みのオンパレードや、訓読みのオンパレードが基本で、音訓読みはあまりないのでこの場合、音読みのオンパレードという読みが優先されます。

正しい読み方の結論

「金権」の正しい読み方は、「きんけん」でこの読み方は、熟語になるため、音読みで読み上げることを基本とするため、「きんけん」が正しいです。

なので、音訓読みをする「かねけん」は間違いになります。

「金権」の意味

「金権」は、熟語になり、お金が集まると権力が生まれお金の力で権力をどうこうするという意味です。

どうこうするという部分を述べれば、4字言葉になったりするので、例をあげれば「金権政治」なんかがまさに4字の言葉でお金の力をもってして政治を執り行うという意味になります。

「金権」の言葉の使い方や使われ方

・『金権政治を行う』
・『金権体質の会社である』

まとめ

「金権」については、2文字の熟語なので、音読みで文字を読み上げていきます。

よって、「きんけん」という読みが正しい読みで、音訓読みである、「かねけん」は間違った読みです。

なお、「金権」はあまり良い意味ではなく、お金が集まることでお金の力をもってして自体が動くというような意味になるのであまり良いイメージがないです。

例としては、「金権政治」などがまさに悪いイメージの言葉で、お金で何でも解決する政治という悪い意味しか持ちません。

タイトルとURLをコピーしました