「鋼管」の読み方と意味とは?「こうかん」と「ごうかん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「鋼管」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「鋼管」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「鋼管」の正しい読み方は「こうかん」と「ごうかん」どちら

鋼管の漢字表記を目にして思わず、ごうかんと読んでしまう人が中にはいるものです。

ただし後ろの管の漢字は、配管といった言葉を見れば分かる様に、かんという読みがありますが、最初の鋼の漢字には、ごうという読みがありません。

お陰で鋼管は、ごうかんと読む事さえ出来ないので、この様な読み方をするのは完全に間違いです。

鋼管は、ごうかんではなく、こうかんと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

鋼管は、こうかんと読むのが正解な言葉です。

というのも鋼の漢字は、鋼鉄という言葉を見れば理解出来る様に、こうという読みを持っている上に、後に続く管の方は普通に、かんという読みが存在します。

以上の事から鋼の漢字の、こう読みと、管の漢字の、かん読みとを組み合わせる事によって、鋼管を、こうかんと読む事が可能となるのです。

「鋼管」の意味

鋼管は、鍛えられた鉄やはがねといった意味がある鋼の漢字に、くだや吹き鳴らす楽器といった意味を所有している管の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ鋼管は、鋼鉄で出来た管を表すのです。

「鋼管」の言葉の使い方や使われ方

・『鋼管が完全に錆びているので、そろそろ交換作業が必要です』
・『水漏れの原因は、鋼管の劣化にあります』
・『劣化した鋼管が、凍結によって破裂した様です』

まとめ

鋼の漢字には、ごうという読み自体が存在していません。

なので鋼管の漢字を、ごうかんと読む事は不可能であり、この様に読んでしまうのは誤りです。

鋼管は、ごうかんではなく、こうかんと読むべき言葉となっています。

更にそんな鋼管は、鋼鉄製の管といった意味を示す際に、用いられる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました