「除外」の読み方と意味とは?「じょがい」と「じょそと」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「除外」の読み方と意味とは? 読み方

「除外」とはどのような意味で何と読むのが正しいのでしょうか。

今回は、「除外」の正しい読み方と意味について解説します。

「除外」の正しい読み方は「じょがい」と「じょそと」どちら

「除外」の読み方を漢字それぞれの読みを当てはめて考えてみると「じょがい」「じょそと」が候補になります。

「じょがい」「じょそと」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「除外」の正しい読み方は「じょがい」です。

「除」「除雪」【じょせつ】「削除」【さくじょ】など「じょ」と読みます。

「外」「外敵」【がいてき】「圏外」【けんがい】など「がい」と読むほか、「外側」【そとがわ】「大外」【おおそと】など「そと」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「じょがい」「じょそと」のうち「除外」の正しい読み方は「じょがい」です。

「除外」の意味

「除外」とは、「枠組みや範囲に含まれないものとして取り除き外に置くこと」を意味する言葉です。

グループや集団から外して外に追いやることを指します。

範囲に含まれないものとして外すことを表す言葉で、条件に当てはまらないので外したりルールに反したので取り除いたりなど外に除く扱いを表す言葉です。

別に扱うものとして避けることを表す言葉ですが一般的には候補や頭数に含めないことを表す時に使い、対象は少しの関わりも残さず完全に外されます。

「除外」の言葉の使い方や使われ方

・『本命馬が競走除外になった』
・『18歳以下は対象から除外する』
・『試験範囲から除外する』

まとめ

「除外」「じょがい」とが正しい読み方で「じょそと」と読むのは誤った読み方です。

良い意味でも悪い意味でも使われる言葉なので文脈を見て判断してください。

タイトルとURLをコピーしました