「除草」の読み方と意味とは?「じょそう」と「じょくさ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「除草」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「除草」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「除草」の正しい読み方は「じょそう」と「じょくさ」どちら

いらない雑草を駆除することを「除草」【じょそう】といいます。

田んぼでは稲が育つのに邪魔な草を抜いたり、除草剤で簡単に除き、健康的に育つようにするわけです。

他には、庭の外観を損なう雑草を草刈り機で刈ってきれいにすることもあります。

その場所によって「除草の方法」を選び、正しい作業で雑草を刈ることが必要です。

正しい読み方の結論

音読みは「除」「ジョ」といい、「草」「クサ」と読みます。

「除」「のぞく」「よける」という意味があり、「草」「くさ」という意味合いで使われているため「草を除く」になるわけです。

もう一方の「じょくさ」という読み方は一般的ではないため、「除草」「じょくさ」といった方が正しい読み方になります。

「除草」の意味

雑草が生えていると家周りが汚らしく見えたり、だらしないと思われるのできれいに抜いたり、刈ってしまうことを「除草」といいます。

耕地や林などで雑草が生えないよう定期的に「除草」し、土手や公園、橋などに生える雑草で滑ったり、通るときの邪魔にならないように「除草」するわけです。

地域のボランティアが手で草取りしたり、農家の人が草を専門の機械で刈ることもあります。

「除草」の言葉の使い方や使われ方

・『雑草を枯らす除草剤を撒く方法はとても簡単で効率がいい』
・『除草した草を肥料や飼料にするため根元から刈り取る』
・『快適で美しい庭にするには雑草を除草する対策を考える』

まとめ

稲や野菜を作るには、栄養を吸い取ってしまう雑草は早くしっかり「除草」することが必要です。

どのような方法で草をきれいに刈れるかを考えてから実行してみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました