「雑誌」の読み方と意味とは?「ざっし」と「ざつし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「雑誌」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「雑誌」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「雑誌」の正しい読み方は「ざっし」と「ざつし」どちら

「雑誌」「ざっし」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「雑」の音読みは「ざつ・ぞう」、訓読みは「ま(ぜる)・ま(ざる)」「誌」の音読みは「し」、訓読みは「しる(す)」です。

「雑」「ざっ」と読むのは促音化(そくおんか)です。

促音化とは、2つの語が組み合わさって1つの語になる時に、発音しやすくするため、前の語の語尾が「っ」に変化する文法です。

「雑誌」と表記する場合「ざつし」とは読みません。

正しい読み方の結論

「雑誌」の正しい読み方は「ざっし」です。

「ざつし」とは読みません。

「雑誌」の意味

「雑誌」の意味は「雑多な事柄を掲載した書物」「複数の筆者が書いた記事を掲載して、定期的に刊行される出版物」です。

「雑誌」は英語の「magazine」を日本語に訳した言葉で「知識の倉庫」という意味です。

元々「magazine」「倉庫」という意味があることから、1867年に、「種々雑多な事柄を書いた書物」として洋学者の柳河春三が用いたのが始まりです。

当初は週刊誌・月刊誌など、定期的な刊行物を表す言葉ではありませんでした。

「雑誌」の言葉の使い方や使われ方

「雑誌」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『雑誌のグラビアアイドルとしてデビューする』
・『マンガ雑誌に掲載されている広告を見て注文する』
・『女性向け雑誌はコスメやファッションの内容が中心だ』

まとめ

今回は「雑誌」の読み方について紹介しました。

「雑誌」の正しい読み方は「ざっし」で、「ざつし」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました