「革める」の読み方と意味とは?「あらためる」と「かくめる」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「革める」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「革める」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「革める」の正しい読み方は「あらためる」と「かくめる」どちら

「革」という漢字は訓読みでは「かわ」「革(あらた)める」と読み、音読みでは「かく」と読みます。

したがって、「革める」は訓読みを用いて「あらためる」と読むのが正解です。

正しい読み方の結論

「革める」の正しい読み方は「あらためる」になります。

「革める」の意味

「革める」には以下の意味が含まれており、別の漢字を用いて「改(あらた)める」とも表記されます。

「古いものや旧来のものを新しいものと入れ替える」「新しくする」
「悪い点や不備な点をより良いほうへ変える」
「服装や態度をきちんとする」
「正しいかどうかを詳しく調べて確かめる」「吟味する」
「革める」の類義語としては「改新」「革新」「改善」「改良」などがあります。

「革」「新しくする」という意味のほか、「皮革(ひかく)」「革靴」に用いられているように「(なめした)かわ」「なめしがわ」という意味が含まれる漢字です。

「革める」の言葉の使い方や使われ方

・(新しくするという意味で)『世相や時流、価値観の変化に合わせて、社内制度が新しいものへと革められることになった』
・(悪い点をより良い方へ変えるという意味で)『叱責を受けた彼はこれまでの振る舞いを革めることにした』
・(態度をきちんとするという意味で)『身なりを革めて、先生の講演の拝聴に臨んだ』

まとめ

「革める」の正しい読み方は「あらためる」になります。

「革める」「新しくする」「悪い点や不備な点をより良いほうへ変える」「服装や態度をきちんとする」などの意味が含まれており、別の漢字を用いて「改(あらた)める」とも表記されます。

タイトルとURLをコピーしました