「革新」の読み方と意味とは?「かくしん」と「かわしん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「革新」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「革新」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「革新」の正しい読み方は「かくしん」と「かわしん」どちら

革新の漢字を目にした人の中には、かわしんと読んでしまう人もいるものです。

確かに最初の革の漢字は単独で、かわと読む事が出来るし、後ろの新の漢字も、しんという読みを持っています。

所がその2つの漢字の読みを合わせて革新を、かわしんと読んでしまうのは誤りです。

革新は、かわしんではなく、かくしんと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

革新は、かくしんと読むべき言葉です。

そもそも革の漢字は、かわ以外にも、かくという読みを持っており、後ろの新の漢字もそのまま、しんと読む事が出来ます。

だからこそ革の漢字の、かく読みと、新の漢字の、しん読みとを組み合わせる事によって革新は、かくしんと読めるのです。

「革新」の意味

革新は、あらためるやかわ等の意味を持っている革の漢字に、あたらしいやあたらしくするといった意味を所有する新の漢字を付け加える事で完成した言葉となっています。

以上の事から革新は、旧来の制度や習慣といったものを改め新しくする事といった意味を示すのです。

「革新」の言葉の使い方や使われ方

・『我々人類は様々な技術革新により、現在の便利な生活を手に入れました』
・『うちの会社は近々、革新的な技術を用いた新製品を発表する予定です』
・『会議の結果、彼の革新的とも言える提案が採用される事となりました』

まとめ

革の漢字は、かわと読む事が出来るし、新の漢字も普通に、しんと読む事が出来ます。

ですがそれら2つの漢字の読みを合体させて革新を、かわしんと読むのは誤りです。

革新は、かわしんではなく、かくしんと読むのが正解な言葉となっています。

そんな革新は、古い組織や制度、方法等を改めて新しくする、という意味を表現する際に、使われる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました