「骨片」の読み方と意味とは?「こっぺん」と「ほねへん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「骨片」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「骨片」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「骨片」の正しい読み方は「こっぺん」と「ほねへん」どちら

「骨片」という漢字は、「こっぺん」「ほねへん」とどちらの読み方もできそうです。

では、どのように読むのでしょか。

解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「こっぺん」です。

「骨」は音読みで「コツ」、訓読みで「ほね」と読みます。

小学校6年生で習う常用漢字です。

「片」は音読みで「ヘン」、訓読みで「かた」「きれ」「ひら」「ペンス」と読みます。

小学校6年生で習う常用漢字です。

「骨」「コツ」とも「ほね」とも読むことができ、「片」「切片(せっぺん)」「ペン」と読むことがあるので、「骨片」「こっぺん」「ほねへん」どちらの読み方もできそうです。

しかし、「こっぺん」と読むのが正しい読み方になります。

「ほねへん」と読む漢字には「骨偏」があります。

意味は漢字の偏の一つです。

「骨片」の意味

骨のかけらという意味です。

「骨」という漢字には、ほねという意味があり、「片」という漢字には、きれ、かけらという意味があります。

このことからも、「骨片」には骨のかけらという意味があることがわかります。

かけらとは、物の欠けた一部のことをいいます。

ふくらはぎの骨は、体の外柄から触って形がわかります。

その形のままの骨のことではなく、その骨の一部が欠けたものが「骨片」が意味するものです。

「骨片」の言葉の使い方や使われ方

・『骨片を取り出す手術』

・『骨片を発見する』

・『検査で骨片があることがわかった』

まとめ

この言葉の正しい読み方は「こっぺん」です。

骨の一部が欠けた部分という意味を持っています。

タイトルとURLをコピーしました