「高密」の読み方と意味とは?「こうみつ」と「たかみつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「高密」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「高密」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「高密」の正しい読み方は「こうみつ」と「たかみつ」どちら

「高密」の読み方として予想できるものに、「こうみつ」「たかみつ」があります。

「こうみつ」「たかみつ」の二つの読み方のうち、「高密」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「高密」の正しい読み方の結論は、「こうみつ」が正しい読み方になります。

「高密」の言葉で使われている「高」という漢字の音読みは「コウ」、訓読みは「たかい・たかさ」です。

ただし「高密」の言葉においては、「たか」ではなく「コウ」の音読みが使われます。

そのため、「高密」の言葉を「たかみつ」と読むのは明らかな誤読として解釈されます。

また「たかみつ」という言葉は一般名詞では存在せず、「高光・隆光」などの男性の名前になります。

「高密」の意味

「高密」の意味は、「人やモノの密度が高いこと」を意味しています。

「高密」は一般に「高密度の意味で使われている言葉」ですが国語辞典には「高密」の項目がない場合もあり、慣習的に使われている言葉の側面もあります。

「密度」「体積1立方センチメートルあたりの質量(g)」で表され、「高密」「その密度が高いさま」を指し示しています。

「高密」の言葉の使い方や使われ方

「高密」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『人口が高密な地域や場所では、人間が感じる生活の快適度や開放感は落ち込んでしまいます』
・『高密な物質は粗密な物質と比べると、同じ体積あたりを比べたときに物質の中身が詰まっているのです』
・『半透明のポリ袋となる高密ポリエチレン(HDPE)の原材料は、ナフサを加工したエチレンです』

まとめ

この記事では、「高密」の正しい読み方「こうみつ」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「高密」の読み方・意味・使い方をリサーチしたいときは、この記事の解説を参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました