「高潮」の読み方と意味とは?「こうちょう」と「たかしお」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「高潮」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「高潮」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「高潮」の正しい読み方は「こうちょう」と「たかしお」どちら

「高潮」「高」は、音読みで「コウ」、訓読みで「たか」「たか(い)」などと読みます。

また「潮」は、音読みで「チョウ」、訓読みで「しお」「うしお」となります。

「高」「潮」を音読みにすると、「こうちょう」と読むことができます。

一方、「高」「潮」を訓読みで読むと、「たかしお」になります。

正しい読み方の結論

「高潮」「こうちょう」「たかしお」のどちらでも読むことができます。

ただし、読み方によって意味が異なります。

「高潮」の意味

「高潮(こうちょう)」とは、潮が満ちて海水面が最高点に達した状態のことを表しています。

あるいは、物事の勢いや調子、気分が高まることを意味し、「絶頂」とも言います。

一方、「高潮(たかしお)」とは、海水の水位が非常に高くなる現象のことを指しています。

「高潮」「高」は、「たか」「たかい」「たかまる」などを意味しています。

また「潮」は、「しお」「うしお」などを表しています。

そのため、「高潮」は漢字の意味から見ると、「潮が高まる」「高い潮」と言う意味合いになります。

「高潮」の言葉の使い方や使われ方

・『高潮(たかしお)は、台風や発達した低気圧などの影響によって起こります』
・『高潮(たかしお)になると、海水が陸上に入り込んで被害を及ぼす場合もあります』
・『高潮(こうちょう)は、「満潮(まんちょう)、「満ち潮(みちしお)」とも言います』

まとめ

「高潮(こうちょう)」と関連した語としては、「潮汐(ちょうせき)」「低潮(ていちょう)」「干潮(かんちょう)」「引き潮(ひきしお)」などが挙げられます。

「高潮」「こうちょう」「たかしお」と読み、それぞれ意味が異なることを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました