北海道「輪厚」の読み方と意味とは?「わっつ」と「りんあつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「輪厚」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、北海道「輪厚」の読み方を分かりやすく説明していきます。

北海道「輪厚」の正しい読み方は「わっつ」と「りんあつ」どちら

北海道「輪厚」の読み方として予測できるものに、「わっつ」「りんあつ」があります。

「わっつ」「りんあつ」の二つの読み方のうち、北海道「輪厚」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

北海道「輪厚」の正しい読み方の結論は、「わっつ」が正しい読み方になります。

「輪厚」「北海道の北広島市に実際に存在する地域の名前」であるため、その読み方は「わっつ」と決められています。

「輪厚」を普通に音読みで読めば「りんあつ」とも読むことはできますが、北海道「輪厚」の地名として読む場合に「りんあつ」と読むのは読み間違いということになります。

北海道「輪厚」の意味

「輪厚」の意味は、「北海道北広島市に存在している地域の名前」を意味しています。

「輪厚」「新千歳空港から北海道最大の都市である札幌市に向かう間にある地域の名前」であり、その地名はアイヌ語に由来しています。

アイヌ語の「ウッ」という「あばら骨」を意味する言葉が語源であると伝えられています。

「輪厚」「北海道の石狩平野」にあるため、農業も盛んに行われています。

北海道「輪厚」の言葉の使い方や使われ方

「輪厚」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『輪厚のある北海道の北広島市は広島県広島市と混同されやすいのですが、元々広島県民が開拓した地域です』
・『輪厚の周辺には石狩平野の広大な土地があるので、ゴルフクラブが多く開設されています』
・『輪厚には道央自動車道のパーキングがあるので、車でのアクセスはしやすいのです』

まとめ

この記事では、北海道「輪厚」の正しい読み方「わっつ」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「輪厚」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました