木へんに昆で「棍」の読み方とは?使い方など簡単に解釈

木へんに昆で「棍」の読み方とは? 読み方

この記事では、「棍」の読み方を分かりやすく説明していきます。

木へんに昆で「棍」の読み方

「棍」の漢字の音読みは「コン」で、訓読みは「つえ・ぼう・わるもの」です。

ちなみに、この漢字のつくりの「昆」の音読みも「コン」で、訓読みは常用漢字外の読みですが「あに」です。

「昆虫」の熟語等で馴染みのある漢字です。

またさんずいに「昆」と書く「混」は、音読みが「コン」で、訓読みは「ま(じる)」です。

「混合」「混雑」など、多くの熟語で使われています。

「棍」は馴染みのない漢字ですが、「昆」「混」はよく使われる漢字です。

いずれも音読みが「コン」で、木へんや、さんずいが付いた漢字でも、ベースとなる漢字の音読みと同じであり、「棍」の漢字の読みが分からなくても、「コン」と推察することが可能と言えます。

「棍」の意味

「棍」は木へんの漢字ですが、樹木の種類を表す意味はありません。

漢字の持つ意味としては、訓読みにある木で作られた「つえ」や木の「ぼう」をの意味があります。

「つえ」「ぼう」は木製であることから、木へんが使われているものです。

また、木とは直接関係ありませんが、同じく訓読みにある「わるもの」の意味もあります。

「棍」の熟語での使い方や使われ方

・『棍棒』【こんぼう】
「相当な長さのある木の棒切れ」「木製の新体操で用いられる手具」を意味する熟語です。

・『棍徒』【こんと】
「ごろつき」「ならず者」意味する熟語です。

・『双節棍』【ぬんちゃく】
「沖縄に伝わる武具で、短いカシの棒二本を、短い紐または鎖でつないだもの」を意味する熟語です。

まとめ

「棍」の漢字の音読みは「コン」で、訓読みは「つえ・ぼう・わるもの」です。

この漢字の持つ意味としては、訓読みの通りの「木の杖や、棒」及び「悪者や、ならず者」です。

タイトルとURLをコピーしました