木へんに毎で「梅」の読み方とは?使い方など簡単に解釈

木へんに毎で「梅」の読み方とは? 読み方

綺麗な花を咲かせることや果実が独特な酸味を出すことで有名なものには「梅」があります。

この記事では、「梅」の読み方を分かりやすく説明していきます。

木へんに毎で「梅」の読み方

「梅」は音読みで「ばい」と読み、訓読みは「うめ」と読みます。

「梅」の意味や解説

「梅」はバラ科サクラ属の花であり、綺麗な色の花を咲かせることや果実が色々なものに加工されることで有名です。

「梅」の花は春に咲くこともあり花見する人は毎年多く存在します。

日本の6月6日は「梅の日」に制定されています。

「梅」は外見が綺麗だけではなく、果実は様々な加工品として使われており独特な風味を持っているのが特徴です。

「梅」を加工したものとしては「梅干し」があり独特な塩分と酸味が合わさりご飯に合う食材として人気があります。

これ以外にも「梅」「梅肉」「梅酒」など様々なものに使われています。

「梅」の熟語での使い方や使われ方

・『梅雨』【ばいう】
「5月から7月まで続く雨が多い時期」を示す言葉であり、こちらは「つゆ」と読むことも可能です。
これらの時期に停滞する前線は「梅雨前線」と呼び、こちらは「ばいう」という読み方を使います。
・『梅干し』【うめぼし】
「梅を干してから漬け液に浸した食品」を示す言葉であり、独特な酸味があることから日本人のおかずとして有名です。
防腐処理していることから長期間保存することが可能です。
・『梅肉』【ばいにく】
「梅干しの種を除いた果肉」であり、こちらは様々な料理に使うことで風味や味わいをよくしてくれます。
主に和え物に使われることが多く、さっぱりとした味わいを出すことが可能です。

まとめ

「梅」は花見に人気である以外にも、果実は食用として様々なものに使われています。

タイトルとURLをコピーしました