木へんに象で「橡」の読み方とは?使い方など簡単に解釈

木へんに象で「橡」の読み方とは? 読み方

この記事では、「橡」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「橡」の読み方

「橡」は音読みでは、「ショウ」「ゾウ」と読みます。

また、訓読みで「くぬぎ」「とち」「つるばみ」と読みます。

「橡」の意味

「橡(くぬぎ)」はブナ科コナラ属に分類される落葉高木のことを言います。

「橡(くぬぎ)」には、「橡」「櫟」「椚」「櫪」などの漢字表記があります。

また、「橡(つるばみ)」「くぬぎ」や、その実である団栗(どんぐり)の古名です。

さらに、「橡(とち)」はムクロジ科トチノキ属に属している落葉高木を指しています。

「橡(とち)」は他にも、「栃」「栃の木」の表記もあります。

「橡」「とち」の読み方は、間違って日本に伝わってきたようですが、そのまま使われるようになりました。

「橡」「木」「象」と書きますが、「木」「き」「立ち木」「もく」「木材」などの意味があります。

そして、「象」「ぞう」「形」「肖像」などを表しています。

「橡」の例文や使われ方

・『橡(くぬぎ)の樹液に、カブトムシとクワガタが集まってきている』
・『子供たちが橡(くぬぎ)の実のどんぐりを集めて遊んでいます』
・『橡(とちのき)の実は、「栃の実」として、加工して食用になります』

まとめ

「橡」が使われる言葉としては、「橡麺棒(とちめんぼう)」「橡の木・栃の木(とちのき)」などがあります。

そして、「橡」が含まれる名字の方は、「橡木(とちぎ・とちのき)」「橡尾(とちお)」「橡川(とちかわ)」さんがいらっしゃいます。

さらに、「橡」が入った地名としては、「小橡(ことち)」「橡久保(とちくぼ)」が挙げられます。

言葉の読み方や意味を知って、適切に使えるようにしていきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました