木へんに門で「椚」の読み方とは?使い方など簡単に解釈

木へんに門で「椚」の読み方とは? 読み方

この記事では、木へんに門で「椚」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「椚」の読み方

「椚」という漢字の音読みは存在せず、訓読みは「くぬぎ」になります。

「楓」という漢字は、日本で考え出された「国字」であるため、中国の漢字の読み方に由来する「音読み」が存在しないのです。

「椚」という漢字は、「植物名」あるいは「人名・名字」として読まれる場合には「くぬぎ」という読み方になります。

「椚」の漢字の意味や解説

「椚」という漢字の基本的な意味は、「青森県よりも南の地域に自生するブナ科の落葉高木」になります。

「椚」という漢字は日本で作られた「国字」であり、門は内と外を切り分ける「区切り」を示しています。

「椚」の語源は「くのき」でもあり、「椚」という漢字には「区の木・門の木」という含意があるのです。

「椚」が人名の漢字として使用されるのは、「下の名前」ではなく主に「名字」となります。

「椚」の例文や使われ方

「椚」という漢字の例文と使われ方を紹介します。

「椚」は人名としては、「くぬぎ」という読み方の名字で使われています。

「椚」は二年目の果実から食用にもなる「ドングリ」が採れる、「ブナ科の落葉高木」の意味で使われることが多くなっています。

・『椚さんという名前は樹木のクヌギにちなんだ名字ですが、主に東京都や山梨県にいます』
・『椚という質実剛健な感じのある落葉高木は日本人になじみの深い木で、縄文時代からドングリの実が食べられてきました』
・『クヌギという植物を漢字で表記すると一般的には「椚」ですが、椚以外にも「櫟・橡・櫪」などの漢字が当てられることもあります』

まとめ

この記事では、木へんに門と書く「椚」の読み方・意味・使われ方と例文を詳しく解説しましたがいかがでしたか。

「椚」という漢字について詳しく調べたいときには、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました