沖縄「北谷」の読み方と意味とは?「ちゃたん」と「きたたに」の正しい読み方について詳しく解釈

「北谷」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、沖縄「北谷」の読み方を分かりやすく説明していきます。

沖縄「北谷」の正しい読み方は「ちゃたん」と「きたたに」どちら

「北谷」の読み方として想定できるものに、「ちゃたん」「きたたに」があります。

「ちゃたん」「きたたに」の二つの読み方のうち、「北谷」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

沖縄「北谷」の正しい読み方の結論は、「ちゃたん」が正しい読み方になります。

沖縄県にある「北谷」という地名の正しい読み方は「ちゃたん」という特殊な読み方に決められています。

「北谷」の地名に使われている「北」「谷」の漢字を普通に訓読みすれば「きたたに」という読み方になりますが、その読み方をする沖縄県の地名はないので誤読になります。

ただし「ちゃたん」の元々の読み方は「きたたに」であり、それが沖縄県の方言の音で変化して「ちゃたん」になったと推測されています。

沖縄「北谷」の意味

沖縄「北谷」の意味は、「沖縄県中頭郡(なかがみぐん)に実在する町の名前・北谷町」を意味しています。

沖縄県の西海岸に位置していて在日米軍基地が多いことでも知られる栄えている町が「北谷」なのです。

「北谷」の面積は約14平方キロメートル、人口は約2. 8万人で観光客でも賑わっていますが、町の半分以上は米軍基地となっています。

沖縄「北谷」の言葉の使い方や使われ方

「北谷」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『沖縄旅行に行ったときに北谷にも立ち寄りましたが、本土と同じイオンがあったり過ごしやすい町でした』
・『北谷の特殊なところは、アメリカ本土のショッピングリゾートの施設や雰囲気を模倣したアメリカンビレッジがあることです』
・『北谷は沖縄県民と在日米軍が共存して基地経済の恩恵もありますが、米兵の不祥事も少なからずあります』

まとめ

この記事では、沖縄「北谷」の正しい読み方「ちゃたん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「北谷」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました