「下女」の読み方と意味とは?「げじょ」と「げめ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「下女」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「下女」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「下女」の正しい読み方は「げじょ」と「げめ」どちら

身分の高い者に仕えて雑用する女性を「下女」「げじょ」といいます。

朝の5時には起きて主人一家と使用人の食事を作り、汚れた服を洗う、部屋の掃除を作るなど様々な用事をこなすのが仕事です。

このような仕事をさせるために貧しい家庭の娘や身寄りのない女性を選び、雑用を任せるために雇った者をこのように呼んでいました。

正しい読み方の結論

訓読みでは「下」と書いて「げ」と読み、音読みでは「女」「じょ」と読みます。

この二つの漢字を掛け合わせると「下女」「げじょ」と読むわけです。

意味はおんな、つかえるという意味になり、権力がある者の下で働く女性という意味合いになります。

下女中を「下女」と呼び、かまどに火をつけてご飯を炊く、井戸から水を汲む、川に行って洗濯するなど体力が求められる仕事を任せられました。

「下女」の意味

掃除や片付け、お使いなど様々な雑用を担うのが「下女」の仕事であり、言われたことは必ず受け入れることが求められます。

しっかり言うことを聞き、機敏に動いてご主人様に逆らわないよう支持に従うのが役目です。

元々身分が低い者を雇い、裁縫させたり、服の支度させる、靴を履かせて忠実に言われたことをこなしていきます。

「下女」の言葉の使い方や使われ方

・『下女は主人に言われたことを快く受け入れて働く』
・『雑用をしっかり行うことで、下女もご主人様に気に入られる』
・『下男と下女が仲良くなることもあり、心を通わせた』

まとめ

一昔前の日本では、お屋敷に仕えるため敷地内の建物に住み込んで雑用する「下女」が多くいました。

そんな女性の生活や仕事内容を詳しく調べてみれば、また新しい発見ができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました