「人骨」の読み方と意味とは?「じんこつ」と「ひとぼね」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「人骨」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「人骨」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「人骨」の正しい読み方は「じんこつ」と「ひとぼね」どちら

人間の骨を「人骨」【じんこつ】といいます。

腕や足、背骨、腰骨など全身の骨を指す言葉です。

頭は頭蓋骨といい、脳を守るために頑丈に作られています。

この「人骨」が出てくるところは、その昔、人々が旧石器時代に生きていたとか、戦地であったということが分かる場合もあるのです。

正しい読み方の結論

音読みで「人」「ジン」といい、「骨」「コツ」と読みます。

「人」「人間」となり、「骨」「人や動物など生き物の骨格をつかさどる骨」という意味がある言葉です。

もう一方の「ひとぼね」は、一般的な言葉ではなく、研究所でも辞典に載っているように「人骨」「じんこつ」といった方が正しい読み方になります。

「人骨」の意味

殺人事件が起きたとき、犯人が指定する現場を掘り起こしてそこから「人骨」が出てきたとき、それが証拠になります。

その「人骨」からDNAを採取して殺された人物は誰か特定した書類を証拠として裁判所に提出するのです。

また、旧石器時代の「人骨」から年代を特定したり、形態を追求することもできます。

このように、人間の骨から様々な謎が解き明かされています。

「人骨」の言葉の使い方や使われ方

・『人骨を発見したときは、警察へすぐ連絡して相談する』
・『歯のすり減り方が分かる人骨研究では、年齢が特定できる』
・『首がない人骨から、弥生時代に特殊な儀礼していたと分かる』

まとめ

発見した人の骨によって誰がいつ殺されたのか分かったり、その昔、そこには何人が暮らしていたかが分かります。

そんな「人骨」に興味がある人は、研究所や専門サイトを見て学んでみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました