「仕える」の読み方と意味とは?「つかえる」と「しつらえる」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「仕える」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「仕える」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「仕える」の正しい読み方は「つかえる」と「しつらえる」どちら

「仕える」の読み方として想定できるものに、「つかえる」「しつらえる」があります。

「つかえる」「しつらえる」の二つの読み方のうち、「仕える」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「仕える」の正しい読み方の結論は、「つかえる」が正しい読み方になります。

「仕える」の動詞の表現で使われている「仕」という漢字の訓読みは「つかえる」であり、「しつらえる」という読み方はありません。

そのため、「仕える」「しつらえる」と読むのは端的な誤読として判断することができます。

「しつらえる」と読むことができる漢字の表記は、「設える」になります。

「仕える」の意味

「仕える」の意味は、「自分よりも社会的地位や立場が高い人の近くにいて、指示に従って奉仕すること」を意味しています。

「仕える」の意味には、「公的機関に就職して働くこと・公務員として役所などで働くこと」もあります。

「仕える」の別の意味として、「神仏に従って尽くすこと」も挙げられます。

「仕える」の言葉の使い方や使われ方

「仕える」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『昔は長幼の序に代表される儒教道徳の影響もあり、父母に仕えることが子の忠孝の義務と考えられていることが多かったのです』
・『私は地方公務員や地方議員として働くことは、この地域に住んでいる人たちに仕えることに近いと思っています』
・『私なりの仏教信仰を前提にして仏様に仕えることで、心身の苦しみや執着がだいぶ和らぎました』

まとめ

この記事では、「仕える」の正しい読み方「つかえる」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「仕える」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました