「伊達」の読み方と意味とは?「だて」と「いで」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「伊達」の読み方と意味とは? 読み方

「伊達」という言葉は地名や人名にも使われていますが、本来はどのような意味があり何と読むのが正しい言葉なのでしょうか。

今回は、「伊達」の正しい読み方と意味について解説します。

「伊達」の正しい読み方は「だて」と「いで」どちら

「伊達」という言葉の読み方としては「だて」「いで」の2つが考えられます。

「だて」「いで」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「伊達」の正しい読み方は「だて」です。

「だて」という読み方は2字以上の漢字の組み合わせに対して言葉の意味に由来する読み方が当てられた熟字訓と呼ばれるものです。

それぞれの漢字の読み方とは無関係で、「伊」「だ」「達」「て」と読むのではなく「伊達」の2文字で「だて」と読みます。

「伊達」の意味

「伊達」とは、「人の目につくような派手さ」もしくは「しゃれていてかっこいいさま」といった意味で使われる言葉です。

他の人とは明らかに違う派手で目立つ様子を表す言葉で、単に奇抜なだけではなく憧れの的になるような格好良さを表します。

似た意味の言葉としては「傾奇者」「鯔背」「洒落者」などがありますが、「伊達」はただ派手で目立つだけではなく同性からも憧れの対象になるような格好良さという意味を含む表現です。

目立つ色使いやきらびやかな衣装を着るだけでは「伊達」ではありません。

派手さの中にも一本筋が通っていてしっかりとしたまとまりがあるさまを評して「伊達」といいます。

「伊達」の言葉の使い方や使われ方

・『周りからは伊達男と呼ばれている』
・『おしゃれのために伊達眼鏡をかける』
・『新型機の性能は伊達ではない』

まとめ

「伊達」の正しい読み方は「だて」「いで」は誤った読み方です。

微妙なニュアンスを含む表現なので正しい意味と読み方を理解して使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました